忍者ブログ

倉林のはらわた

映画の感想などをぽつりぽつりと語るアレなブログです。 ホラーとかアレな映画中心でございます。 メイトリックスも笑うでしょうなあ。 あとまー、ないと思うんですが ここに載ってる絵は無断転載禁止で一つよろしく。 なお、版権著作権等を鑑み、お手本無しのあやふやな記憶で 描かれた絵なので、似てないことこの上ないです。 …まあ、絵心が無いだけなんですがねwww

忌録

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

忌録

忌録: document X  2014年5月  A.SMITHEE
アマゾンへ

著:阿澄思惟

概要・粗筋
その忌まわしさゆえに存在を葬られ、封印された事件。
神隠し、呪詛、幽霊屋敷、心霊ビデオ・・・。
本書では、著者が2006年から2012年までの間に収集した、それらの記録を公開する。 (amazonより引用

むう…何を書いてもネタバレになる…
評価:癖のある本だけど、個人的には超お薦め!!
以下、なんとなくネタバレかもしれないので注意!


え~、これは私が生まれて初めて購入した電子書籍でしてね、一発目でこんな大当たりを引いちゃっていいのか……と思うくらい、興奮した本です。
どう感想を書こうか、非常に悩みどころではある。というのも、この本の「怖さ」は、読んだ人それぞれによって、多分「凄く違う」からである。

映画で例えるならば、フェイクドキュメンタリー映画が近いであろうか。フェイクドキュメンタリー映画において、「何も映っていない風景」「何か禍々しいものを感じるかどうか」は人によって全然違う。それは個人の体験が影響する怖さだからだ。例えば子供の頃に森で迷ったことのある人間にとっては、延々と映し出される雑木林が恐怖映像以外の何物でもないように、だ。
ブレアウィッチは、以下略
この本は「ある記録」が並んでいるわけであり、確かに即物的な異常な状況は起こるのだけれども、最終的にそれらを組み立てて、事件・事象として完成させるのは読者自身なのである。
細々としたちょっとおかしい状況の積み重ねを、そこまで込み入ってはいないけどもパズルのように一つの形にしていく。ポイントは、パズルのピースが全部そろってはいない、という所だ(ここら辺、当ブログにいらっしゃるホラーファンならば「ニヤリ」とできる抜け方だったりする

このじんわり気づく感じが何とも…

ちゃんとした答えが明確に出る作品ではない。だけども、それは欠点ではなく、解答を求めて誰かに聞いたりウェブで検索したりする……
そこまで含めて、この「忌録」なのである。
是非友人同士で意見交換をしよう!

個人的には第一話「みさき」第四話「綾のーと。」 を推したい。
特に「綾のーと。」「後を引く怖さ・不気味さ」は素晴らしい。何故かというと……


誰もが一回は目にしたことがあるものだから




つーわけで、これはマジでお薦め!
あの最後の文章を見た時の「あっ」って感じが……

拍手[25回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
倉林
性別:
男性
趣味:
映画・漫画・ゲーム
自己紹介:
リンクフリーにつき勝手にやっておくんなまし
その際、ご一報いただけるとありがたいですます
記事および画像は無断転載で一つよろしく
暴論かつ盲目的感想につきツッコミには全力で謝る準備あり

拍手コメントに文字で返信することができませんので
定期的、もしくは合計3件いただきましたら、漫画にまとめて返信いたしたいと思います。
まとめるのは勘弁…というかたは、御一筆、もしくはご連絡くださいませ

漫画関係におきましては
こちらでも情報をぶち蒔いております。
初心者ゆえのつたない投稿でございますが
生暖かい目で見てやってください。
https://www.facebook.com/StudioKurabayashi

カテゴリー

リンク

素晴らしき映画サイトや絵師サイトの数々… 50音順にてご紹介! リンク許可を下さってまことに感謝! みんなこんなブログを読んでないで、リンクで飛んで ちゃんとした世界に羽ばたくんだ!

でも、お暇なら後で帰ってきてね(涙

メールボックス

何かありましたら、こちらでご連絡を

忍者カウンター

2014/05/12~ *PCからのアクセスのみカウントできるらしいので 実質大体倍くらいっす

P R

フリーエリア