忍者ブログ

倉林のはらわた

映画の感想などをぽつりぽつりと語るアレなブログです。 ホラーとかアレな映画中心でございます。 メイトリックスも笑うでしょうなあ。 あとまー、ないと思うんですが ここに載ってる絵は無断転載禁止で一つよろしく。 なお、版権著作権等を鑑み、お手本無しのあやふやな記憶で 描かれた絵なので、似てないことこの上ないです。 …まあ、絵心が無いだけなんですがねwww

シン・ゴジラ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ 英題「Godzilla Resurgence」2016日
総監督: 庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
主演:長谷川博己
竹野内豊
石原さとみ
野村萬斎

あらすじ
東京湾沖に謎の生物が出現。
生物は東京に上陸。
対策に追われる政府の目の前で、その生物は変態を開始した。

評価:文句のつけようもない面白さ!
以下、ネタバレにつき御注意!!

新しいゴジラの監督が庵野秀明!?
という朗報なんだか悲報なんだかわからない一報をネットで目にしたのは一体いつの事だったか。
庵野秀明といえば、エヴァンゲリオンとガイナックスの諸作群。
私の周りも一癖ある作家性も含めて、ファンが多い御仁であるのだが
どーにも、うまく乗れない作家でもある。
新劇版エヴァは面白く観れているのだけど、他の作品は、正直うーん…
でも実写のキューティーハニーが結構楽しくてですね
ミッチーがいいんだ
ゴジラ大好きとしては、まあ、ゴジラだからどーやったって「私にとっては」酷いものにはならないだろう、と期待値ゼロでのほほんと構えていた。
ところが予告の第一報が届いて仰天した。
「日本のいちばん長い日か!」
そうきたか!その発想は無かった!

私のゴジラ映画に対するスタンスは
一作目のゴジラが一番上で、続編全てが横並びに二位、なのであります。
で、結論から言うとシン・ゴジラもこの法則は破れずというか破れるはずもなく)二位。

だけど面白かった。
とてつもなく面白かった!

ゴジラ映画は、全部観ている人なら判ると思うけど
世間一般で言われている
「ゴジラは原水爆の恐怖の象徴」ってのは一作目と金子ゴジラだけ
他は微妙に表現している物が違っているんですね。
いや、一作目のゴジラや金子ゴジラだって
「戦争」を具現化したモノ(神様)としてのゴジラの側面が強いわけで
我々の日常を圧倒的な力で破壊していく人間由来の強大な力、なわけですね

で、その力は、時代と共に変化するわけで、そういうのを想像しながら観るってのもゴジラ映画として面白くてですね、だからして全ての大元、ゴジラってアイコンを作り出した一作目はゴジラ映画は絶対に超えることはできない。
まあ、ゴジラ映画作る方としちゃたまったもんじゃないジャンルでもあるわけですね。

で、まあシン・ゴジラですよ。
今までと違うゴジラ像をこれでもかと見せる前半。

そして、とんでもない事態が起きる中盤。


そして、突如プロジェクトXとなる後半。

癖の強い庵野監督臭は隠すどころか、ガンガン出てくるんだけど
今回のゴジラは、象徴するものが、あまりにもはっきりしていて
むしろ庵野監督でなければ、駄目だったんじゃないかと思わせるくらいに
さらりと見れる!

役者陣も、大変よろしい。
長谷川博乙のきびきびした動きの中に見せる人間味とか
居眠り中
まさかの昭和ゴジラ変な外人枠の石原さとみ

ブレンダンさんが、英語が全く分からず、字幕を読んだという話は笑った
でも、それは決して悪い事じゃない!昭和のゴジラの胡散臭い外国人感を現代に翻訳するとああなるんだから仕方ない!
んで、なんかひたすらカッコいい渡辺哲

え?塚本晋也!?

国を憂う嶋田久作!!

リアル綾波、市川実日子!
痺れるー!
みんな大好き泉君こと松尾諭!!!!


んで、音楽ですよ。
これが凄かった!
いや、クライマックスで流れるアレをモノラルとか、そこもものすごく感動したんだけど、シン・ゴジラメインテーマは物凄く耳に残るのね。
エヴァでお馴染みの鷺巣さんなんですが、これがまあ、合ってる!
なんつーか、鎮魂歌なんですよ。
何でそんななのかってのは後述しますが、まあ、これ以上ないくらいに作品に合ってるんだよなあ。それも含めての庵野監督色なのかもしれんけど…


というわけで、もう上映終わっちゃったかも、だけど大変お薦め。
いや、万人向けじゃないし、子供向けでもないけど、本当にお薦めです!

さて、ここから下は、本当に独断と偏見と妄想に満ち満ちたいつものやつです。的外れも甚だしい!
でもそう思っちゃんだから仕方ない!
だから俺はこの映画が好きなんだ! といういつもの奴が始まるよー


















はい、えー、私が中盤以降、劇場で身震いしたのは
これが「君の名は。」と同じく「震災映画」だったからでございます。
前述の通り、ゴジラってのは作品ごとに象徴するものが実は違うんですね。
で、今回のゴジラは原水爆の恐怖ではなく、「原発」
もっと言えば、「東日本大震災をまとめて形にしたモノ」なんですな。
あの震災に対して、日本人が抱いた恐怖とか絶望とか、諦めとかそういうものが凝縮されたのが今回のゴジラ。
当初は被害が少ないかと思われたのがあっという間に、拡大、手がつけられなくなり
終息したかに見えたが、今度は津波という形で再度襲ってきて
最終的には原発事故という形で我々に暗い影を落とす
今回のシン・ゴジラはそれを忠実になぞってみせた。
あげく、まあ、そのまんまなんだけど、国の上層部が不在状態になり
現実ではいるけどいない状態でしたな
どうしようもなく傍観するしかない。

シン・ゴジラは中盤まではゴジラという虚構が現実に侵入してくる映画なんだけど、
後半はいつ動き出すか(メルトダウンするか)わからないゴジラという現実を、一致団結した理想の日本人たちという虚構が挑むという映画なんですね。
ここらへん、今までのゴジラ映画には無かった視点なんじゃないかな、と。
で、ゴジラを全面攻撃で苦戦しながらも封殺していく、あのカタルシス!
無人在来線爆弾!! びゃぁぁあああああ!!
私達があの震災に対して抱いた想い
「自然現象だから仕方がない。日本は地震大国だ。何百年間に一回の地震だった。仕方がない仕方がない仕方がない……
だけど、限度があるだろうがっ!

つまり、シン・ゴジラは東日本大震災を思いっきりぶん殴る映画なんですよ!
でも、ちゃんとバランスは取れていて、
「殴るだけ殴った!だが……痛み分けかっ」
原発と共に歩まざるをえない、現代の我々に繋げてくれるあのラスト。
今を生きる我々に対する、応援であり、震災に対するレクイエムでありましょうや!

私は、あの震災以降。
震災をテーマにした娯楽映画が観たいと強く望みながらも、観たくないとも強く望んでいた。
それが、今年、思わぬ形で目の前に二つ現われ、そして私が想像する限り最高の「震災映画」となっていた。
本当に良かった!

以上!













さて、あの尻尾の解釈ですが
まあ、いつものエヴァオチか(思わせぶりなだけで意味はないハッタリ
とも思わなくもないのだけども、特撮が好きな人間としてあれに感じるのは
特撮映画において最強の怪物は何か?という答えなのではないかな、と思ったりもします。
皆さんの解釈はどうですかね?

拍手[4回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
倉林
性別:
男性
趣味:
映画・漫画・ゲーム
自己紹介:
リンクフリーにつき勝手にやっておくんなまし
その際、ご一報いただけるとありがたいですます
記事および画像は無断転載で一つよろしく
暴論かつ盲目的感想につきツッコミには全力で謝る準備あり

拍手コメントに文字で返信することができませんので
定期的、もしくは合計3件いただきましたら、漫画にまとめて返信いたしたいと思います。
まとめるのは勘弁…というかたは、御一筆、もしくはご連絡くださいませ

漫画関係におきましては
こちらでも情報をぶち蒔いております。
初心者ゆえのつたない投稿でございますが
生暖かい目で見てやってください。
https://www.facebook.com/StudioKurabayashi

カテゴリー

リンク

素晴らしき映画サイトや絵師サイトの数々… 50音順にてご紹介! リンク許可を下さってまことに感謝! みんなこんなブログを読んでないで、リンクで飛んで ちゃんとした世界に羽ばたくんだ!

でも、お暇なら後で帰ってきてね(涙

メールボックス

何かありましたら、こちらでご連絡を

忍者カウンター

2014/05/12~ *PCからのアクセスのみカウントできるらしいので 実質大体倍くらいっす

P R

フリーエリア