忍者ブログ

倉林のはらわた

映画の感想などをぽつりぽつりと語るアレなブログです。 ホラーとかアレな映画中心でございます。 メイトリックスも笑うでしょうなあ。 あとまー、ないと思うんですが ここに載ってる絵は無断転載禁止で一つよろしく。 なお、版権著作権等を鑑み、お手本無しのあやふやな記憶で 描かれた絵なので、似てないことこの上ないです。 …まあ、絵心が無いだけなんですがねwww

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス 
原題「MEGA SHARK versus GIANT OCTPUS」 2009米

監督:ジャック・ペレッツ
主演:デボラ・ギブソン(ウィズアウト・ユーを歌ってた人…らしいんだがティファニーのライバルってことしか知らんかった
共演:ショーン・ローラー
ヴィク・チャオ

以下ネタバレにつき…いやー、読んでも別にいいんじゃねーのかなー…

あらすじ
デボラさん演じる海洋学者のエマ・マクニール。今日も今日とて
上司に無断で潜航艇に乗ると、入っちゃいけねえ場所をダラダラと航海中
うわおっ!鯨のたいぐ~ん!
ん?ちょっと待って群れすぎじゃない?
あ!あれは!?
 
氷山の中に蛸とサメ!?

中からこんにちはー!!


評価:サメ映画としてはまったく駄目。だけどー……

アサイラムの一連のサメ映画、と言えば皆さんもうお分かりだとは
思うのですが、ここの会社のサメ作品は当たり外れが激しい
何しろ、レーティング問題があるわけですから残酷描写が弱い
これは痛い
予算が低くても、CGが丸出しでも
ちょっとだけ気合いの入った
死体描写があればサメ映画好きとしては
ああ、いいもん観たな」と思えるわけで
あとは底の見えない海からでかいサメがぬばーっとあがってくれば
みんなジョーズを思い出して満足するのです
さて、このVSメガ・シャークシリーズ
死体描写及び残酷描写は皆無です。
だってメガ・シャークですからね
噛み千切る前に丸のみなんですな
つーわけで、サメ映画としては全然ダメなんだけどもー……

このメガ・シャーク。本名はメガロドン
皆様お馴染み!

ちょっと前にMEGっつー小説がありまして
メガロドンメガロドーンってふっかい海から上がってきて
浅瀬で大暴れする小説だったわけで
まあ、好きもんが「ベタな話だな~♪あとこの翻訳は酷い」って内容で
何をどう間違ったか「ハリウッドで映画化!監督はヤン・デ・ボン!」という
その後のヤン・デ・ボンを考えるに、な~んにも決まってなかったような企画が
ふにゃっと盛り上がったりしたんですわ。
で、結局ぽしゃったわけだけど、そこはそれ
MEG公開前にあぶく銭を稼ぐぜー!っつってメガロドン映画が乱立したんです
こんな感じのがそりゃもうワラワラと
で、今に至るも細々と続いておるわけですね。
しかし、メガロドン映画はサメ映画とはちょっと違う路線に行かざるをえなかった。

何故ならでかいから

ジョーズやディープ・ブルーと同じことができない!
ジョーズ
ディープ・ブルー
人は齧るんじゃない!
飲むものだ!


……はい、というわけでメガロドン映画ですが
皆さんもうお分かりですね
怪獣映画になっていったのです

で、なが~くなりましたが今作から始まる
VSメガ・シャークシリーズ、日本からの依頼で製作された、というのが
関係するかどうかは知りませんが
ひじょ~にゴジラ映画っぽいことになっております

ともかく勢いとサービスシーンのみで



びっくりすることにお色気も無し!

いや、あんたらのラブシーンはお色気じゃないから
お色気じゃないから!

しかも人間側は最後の最後まで有効な解決策を出せず
二匹が同士討ちをするのに任せるのみ!
フェロモンを使って誘導
氷山から復活も含めて
キンゴジっぽいです
みんなで観ようキングコング対ゴジラ!
オチも引き分けだしね
そう思いはじめるとあの東京拘置所
東京拘置所内でカービンライフルもった守衛がいるのも
素手でビーカーに入った謎の液体を
計量もせずに直接注いで
ピカーッと光るフェロモンを作る実験シーンも
許せますな


まあね、CGはかなりしょぼくて
タコもサメもついでに言えば潜水艦も非常にパターンが少なくてですね
3分くらいの素材を使いまわしてるあたり悲しいものがあるんだけど
それでも素晴らしい一瞬
例えば冒頭の氷山の中で氷漬けになっている二匹とか
戦闘機を落とす蛸触腕とか
金門橋を齧り落とすメガシャークとか
微妙にずらした名作怪獣映画のオマージュが嬉しいじゃありませんか!
何だかわからんが、やけに勇敢な潜水艦艦長とかね!
艦長自ら操縦!
ついでに言えば
「俺は網にかかったイルカの悲しい顔を見て猟師をあきらめた」
なんつー日本人海洋学者が出てくるあたりの苦笑い感
あー、怪獣映画やなあってかんじですかね
なにより、VSメガシャークシリーズは昭和・もしくは手塚ゴジラと同じく
世界観が連続しているので、今作を見ないと始まらないのだ!
というわけで必見!
暇なら見るべし!
心のハードルは一番下で!
まあ、そのちょっと下を行くんですけどね

拍手[3回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
倉林
性別:
男性
趣味:
映画・漫画・ゲーム
自己紹介:
リンクフリーにつき勝手にやっておくんなまし
その際、ご一報いただけるとありがたいですます
記事および画像は無断転載で一つよろしく
暴論かつ盲目的感想につきツッコミには全力で謝る準備あり

拍手コメントに文字で返信することができませんので
定期的、もしくは合計3件いただきましたら、漫画にまとめて返信いたしたいと思います。
まとめるのは勘弁…というかたは、御一筆、もしくはご連絡くださいませ

漫画関係におきましては
こちらでも情報をぶち蒔いております。
初心者ゆえのつたない投稿でございますが
生暖かい目で見てやってください。
https://www.facebook.com/StudioKurabayashi

カテゴリー

リンク

素晴らしき映画サイトや絵師サイトの数々… 50音順にてご紹介! リンク許可を下さってまことに感謝! みんなこんなブログを読んでないで、リンクで飛んで ちゃんとした世界に羽ばたくんだ!

でも、お暇なら後で帰ってきてね(涙

メールボックス

何かありましたら、こちらでご連絡を

忍者カウンター

2014/05/12~ *PCからのアクセスのみカウントできるらしいので 実質大体倍くらいっす

P R

フリーエリア