忍者ブログ

倉林のはらわた

映画の感想などをぽつりぽつりと語るアレなブログです。 ホラーとかアレな映画中心でございます。 メイトリックスも笑うでしょうなあ。 あとまー、ないと思うんですが ここに載ってる絵は無断転載禁止で一つよろしく。 なお、版権著作権等を鑑み、お手本無しのあやふやな記憶で 描かれた絵なので、似てないことこの上ないです。 …まあ、絵心が無いだけなんですがねwww

MAMA

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

1. スイートホーム懐かしい

DVDを購入しようとしたとき、案外高値だったので諦めた作品です。
人気あるんですよね~

MAMAはやはりジャパニーズホラーに影響を受けてるようで、おしゃる通り出現の仕方なども何度も見てきた形ですよね、そして江頭?とは気が付きませんでしたが、あの姿顔は笑かしてるのかと思いました。
まぁ、私は気が付かないフリをして鑑賞しましたけどね。

ただ、子供捨てちゃうのはね…(笑)
動く方が良かったんだな~と、ホラー映画に関しては甘々な解釈をする私は一人で納得してました。。。

Re:スイートホーム懐かしい

スウィートホームは色んな意味で貴重な作品だと思うので、何とか販売にこぎつけてほしいんですけどねえ…片方が亡くなっちゃってるし、色々とねえ…

>Mama
呪怨の伽椰子をCGでやってみました感が強すぎるのも問題ですかねえ。廊下をぐわーっとくるところ、パワフルすぎて「元気だなオイ」ってツッコんじゃいましたよw

「母親」ってああいう我儘なものなんだよって皮肉の為に「ぶん投げた」のかもなあと色々考えたんですが、やっぱり納得いかないっすw
ギャグだとしたら一級品ですけどねw
まあ、人間の時の記憶はもうなくなってて、ただの念の塊だった、母親が誰もが持ってる執念の象徴と見ればわからなくもないですが、だったら子供連れて昇天するのも変なんですよね…最後に出るメッセージと真逆で、母親を馬鹿にしてない?って感じるんですなあ

ただいまコメントを受けつけておりません。

MAMA

MAMA 原題「Mama」2013米
製作:ギジェルモ・デル・トロ
監督:アンディ・ムスキエッティ
主演…を書くとバレになるんで

出演:ダニエル・カッシュ

エイリアン2のスパンク・マイヤー!
こいつの不注意の所為で全員取り残されることに…
といったら言い過ぎか?
ジェシカ・チャスティン(ゼロ・ダーク・サーティ!
ニコライ・コスター=ワルドー(モルグの主人公だっけ?
メイガン・シャルパンティエ(超名演!

イザベラ・ネリッセ(これまた超名演!!


評価:母性が圧倒的に足りない
てめえのような母親は願い下げだー!

以下リングやらチェンジリングやら黒衣の女やらの
ネタバレ及び、MAMAに関する苦言が渦巻いております
MAMAが好きな人は御注意…

わたし、ヴィクトリア
おとなってわがままよね
あいしてるあいしてるっていうけれど
それって、ほんとう?
パパはママをうって、わたしにいいわけをしたけど

それと、わたしをうつのはかんけいないよね?
ってか、わたしたちをほんとうにあいしてるなら
あんなばかなことはさいしょっからやらないわよね?
けっきょく、あいしてるってことばによってるだけよね?
ぺっととおなじよね?

あら、あなたがあたらしいまま?
でも、あなたもわたしたちをあいしてるわけじゃないわよね?
じぶんのうさをわたしたちではらしてるだけよね?

……あなたもおんなじ
みんなじぶんのことだけ
でも、いいわ
にんげん、ってそういうものだから……

あ~、困った映画だなコリャw
怖くないんだよねえ…
だってさ、MAMAの造形がこれだぜ

しかも、後半突入で見せるこのポーズ!

JOJO立ち!
JOJO立ちとは!
ジョジョの奇妙な冒険で
主人公が決める独特のポーズをファンが真似したもの!
オタクは全員やっているっ!勿論私もだっっ!!
日常生活に織り交ぜていくのは基本中の基本であるっ!(大川透風に)
俺はこんな感じでチーズバーガーを注文するッ!
それがとうとうハリウッド映画に取り入れられたとは感慨深い!
流石デルトロ!

よっ!配給会社泣かせ!!

俺は大ファンよ
…とまあ、冗談は置いといて
ともかく真面目に作られた本作
でも、もとの短編を観てしまうと
あれを元に無理やり作ったお話に見えてしまい
それ故に、端々がかみ合ってない、分解直前の飛行機

しかも部品が酷く古い、という困った代物に見えてくるんだよなあ
これでパイロットが

だったなら、なんとかなったかもしんねーが……

んじゃ、各々これは……ってところを見ていきますか

①MAMAについて
MAMAは良いキャラかなって思うけど
なんつーか、冒頭で霞んだ視界とはいえ
全部見せちゃったのはダメでしょ…
タイトルと冒頭の会話から
「ほう、射殺されたかーちゃんが娘守る話か?」とか考えてたら
どーーみても怪物過ぎてさ、しかも既視感があるんだよなあ
まず動きはリングの貞子…
に影響されたハリウッド製の早送り幽霊
もうこういうのはいいよ……
じゃあ容姿はオリジナリティ…溢れてねーんだよなあ
役者が同じだけにまずこれ
RECはいい映画だった
そしてこれ

え?誰だか知らない?まあ、俺の絵がアレなせいなんだけどさ…
まあ、後で説明しましょうか
ちなみに移動手段はサクラ大戦3のロベリア方式でした
平たく言うと呪怨の伽椰子方式っすね
これやるんなら、床に髪の毛の塊がある描写を前半に入れようや

②お約束のくどさ
①と連携しますが、冒頭で既に我々観客が
決定的にMAMAがいると見せられているわけで
なのに

まあ、これを述べまする博士がじわじわと探偵役になっていく
切っ掛けだから仕方ねーかもだけど、でもなあ…
お客が先の展開のための言い訳を延々と見せられているのは
苦痛だと思うんだが

③ぶんなげ


すてちゃうんかーーーーーいwww
まあ、好意的に、というか多分そうなのだろうけども
MAMAは子供たちに蛾を食わせてるんだよね
で、この映画において蛾はMAMAの死体から発生しているんで
わかりにくくなってしまっているんだけれども
蛾ってのは、そっち方面だと「魂を運ぶもの」とか「魂そのもの」
象徴なんですな。最近だと「リヴィット」って映画が
クライマックスで何の説明もなく使ってましたw
つまりMAMAは子供の復活を目論んでいた…のかもしれない
もしくは、一緒に旅立つために、限りなくMAMA側に肉体を
近づけたかったのかもしれない
まあ、ただ単に生身の方が良かっただけかもしれないが
どっちにしろ映画が終わった後に強烈な違和感が残ってしまうのだが…

④母性が足りない
つーわけで、上の③に物凄く関係してくるけど
誰一人として説得力のある母性を示している奴がいない!
まずはジェシカ・チャスティン

ママ度お友達レベル
続いて、不法侵入してくるおばさん

ママ度論外
最後にMAMA

ママ度・問題外

えーとですね、マジで聞きたいんだけど
この映画何が言いたいの?
子供とちょっと暮らしただけで芽生えた同情
子供の事何も考えてない狂ったわがままをぶつけて
母性の対決?
元人間なのに、ガキに蛾を喰わせて獣のように育てる霊魂を
母親ぁ?
お前、ふざけんなよ!
子供に執着してるの?
んじゃ、なんでわが子を投げ捨てた!?
マジぶん殴りてぇ
あのね、あのジェームス・キャメロンだって
リプリーとニュートの疑似親子を作り上げるのに
物凄く時間を割いてるんだよ?
あのでかいクィーンエイリアンと激闘を繰り広げてようやくこの言葉!

君ら…そこまでとは言わないが…ちゃんとやった? 

ついでにもう一つ駄目だし
この手の映画、所謂
「呪いを解くお話」はもういいよ
あまりに捻りが無さすぎる
それが前述の母性の欠如と合わさって、観終わった後にどんどん
ガッカリ感が加速していくわ!

これって、多分『黒衣の女』から出発してるよね
あれも狂った母性が原因じゃないの
で、呪いを解く映画を(間違いなく)影響を与えあった順に観ていくとさ
黒衣の女→チェンジリング→リング→呪怨→MAMA
なわけでさ
実は殆どが親子関係に起因しているんだわ
しかもこの中の三つは、子供の死体が解呪のアイテムって……
もう、ね…
始まった瞬間終わりが二通りしかない
呪いを解いた、か実は解けてなかったしかないんだから
もうちょっと…
やるなとは言わないが
もうちょっと丁寧かつなんか考えようよ……

歪んだ母性、ってのを表現するためにあの恰好で
それにまつわる過去話につなげるのは巧いけども
どんだけやっても、我が子を助ける為に
呪いのビデオを親に見せようとするリングのラストで見せる
地獄のような母性にはかなわないよ?
行かざるをえない暗黒
ホラーってのは、お客を「共感」させられたら勝ちでさ
リングのラストは、観ている人間が、全員、あの行動に対して
怒りながらも仕方がないと諦めて共感しちゃうんだよ
そして自分にも降りかかってきたらと、
ゾッとするわけで、多分あそこで
このジャンルは終わっているのだと思うんですが、どうですかね?

んでさ、この子供返して解呪云々の映画もさ
実はけっこうな作品があるのよ
それが上の①で示した

が出てくる映画なんだけども
こいつこ狂った母性の権化ですわ!
日本人ですと狂気の母親ってーと鬼子母神ってのが思い浮かぶんだけど
恐らくはそこらの話をベースに作られた
早すぎたモンスターホラー映画!

スウィートホーム!!

つーわけでこのお方

真MAMAの名前は
間宮夫人!!
みんな覚えておき、これ系の映画でふにゃけたMAMAが出てきたら
激怒するように!
では、権利問題がこじれにこじれて全然出ない
そんなに面白くはないが、特筆すべき描写が結構ある
スウィートホームについて語ろう!

スウィートホーム 1989日本
製作:伊丹十三
監督・脚本:黒沢清
SFX総指揮:ディック・スミス
主演:宮本信子
共演:山城新伍
NOKKO(REBECCAのNOKKOだぜ!
黒田福美
古館伊知郎

粗筋!

山城新伍率いるテレビクルーはフレスコ画の取材の為
廃屋になっている間宮邸にやってきた。
んでまあ、フレスコ画を修復してたらなんか変な感じですよ
なってくる。まずいっす!となったんで、じゃあ帰るかと
準備を始めると
まずは古館伊知郎が!

下半身溶かされた挙句、錯乱した仲間に撲殺され
続いて黒田福美が!

でかい斧を顔面に叩きこまれたあげく、溶かされる
ジョジョのエシディシの元ネタだわな
実は、その昔、この館の主、間宮氏の妻
間宮夫人は我が子を誤って焼却炉で焼いてしまい発狂
周囲の村の子供を攫っては焼き殺し、挙句自殺したという
いわくつきの場所だったのだ!
クルーが館に踏み込んだことによって
というか古館が供養塔を破壊したせいで
覚醒した間宮夫人の悪霊は
高熱を放つ影を操り、NOKKOを誘拐!
宮本信子に二段階変身で襲いかかる!!
殺した子供の霊を取り込んだリヴァイアサン状態!

89年の映画で、今見るとチープな感じが否めないし
出てる役者陣も濃すぎて、演技が鼻につくし、展開も遅く
明らかな台詞の間違いもある
そこがいいんだけどね
だけれども
冒頭から子供に見せる影絵で始まり
好きになった男の連れ子に慕われ、彼女を愛し
その為に、狂った母性の間宮夫人と対決するという構図は
シンプルで力強く、また、引き金になった子供の遺体を受け取ると
ちゃんと呪いが解けるというラストは、大変説得力がある
なにより主人公が母性を自覚するアイテムとして
戦闘服をラストでまとうのだ!
THE映画!
これですよ!!

ちなみに黒沢清お得意の影の使い方の走りが観れて面白い
あと『たたり』や『ヘルハウス』のオマージュも嬉しい

MAMAは、シンプルにすべき話だったのに
それができなかった。
だからファンタジーにもなりきれてない
ホラーにもなれていない
役者の演技や美術自体は良いので最後まで観れるけど
それだけ
本当なら重くどんよりとしたショッキングなラストのはずなんだけど
これではね……
あの笑顔を何度も反芻して
色々と思いをはせる映画のはずなんだがな…

つーわけで、一端〆
お暇なら見ても損は無いかも
ただし、泣けるホラーにはなってないんで要注意っす
以下、こうだったらよかったんじゃね?という妄想垂れ流しが始まるよ!
いい気な身分の妄想が始まるぞー!みんな目が腐るぞー
















まず、この話男いらねーんだよな
子供と触れ合うことによって母性が開花する瞬間
それこそが最後の悲劇に繋がっていくわけで
それをやるには、単純かつ力強く、そして長めに尺を
取らなけりゃならないんですわ
だから、博士と叔母さんを合体させます

するとあら不思議
探偵兼指導者役になるのね
つまりは子供のカウンセリングをしつつ
ジェシカ・チャスティンを成長させられるわけだ

で、子供が危ないとなったら、後押しでき
寝たきりのアレの所よりも
叔母さん博士の所に幽霊が化けて出てきたほうが
ジェシカと連携が取れて話がスムーズになるんじゃねーかな

あとMAMAは最初は絶対に出さない
ジェシカ・チャスティンが母親として目覚めていくにしたがって
姿を明確にしていく
そしておばさん博士が山小屋に行った時に遂に全身を見せ
叔母さんを殺害
そうすりゃラストは
自分の疑似母親を殺され、母性に目覚めた主人公
vs
狂った執着の母親になって
遥かに納得できて、かつ残酷な話になったんじゃねーかな……

不条理な子供の剥奪と、微笑みながらの昇天
現実とファンタジーの融合を見せる素晴らしいシーンのはずなんだから
あそこは下地をもっと丁寧にやるべきだった…と思うのでありました

拍手[11回]

PR

コメント

1. スイートホーム懐かしい

DVDを購入しようとしたとき、案外高値だったので諦めた作品です。
人気あるんですよね~

MAMAはやはりジャパニーズホラーに影響を受けてるようで、おしゃる通り出現の仕方なども何度も見てきた形ですよね、そして江頭?とは気が付きませんでしたが、あの姿顔は笑かしてるのかと思いました。
まぁ、私は気が付かないフリをして鑑賞しましたけどね。

ただ、子供捨てちゃうのはね…(笑)
動く方が良かったんだな~と、ホラー映画に関しては甘々な解釈をする私は一人で納得してました。。。

Re:スイートホーム懐かしい

スウィートホームは色んな意味で貴重な作品だと思うので、何とか販売にこぎつけてほしいんですけどねえ…片方が亡くなっちゃってるし、色々とねえ…

>Mama
呪怨の伽椰子をCGでやってみました感が強すぎるのも問題ですかねえ。廊下をぐわーっとくるところ、パワフルすぎて「元気だなオイ」ってツッコんじゃいましたよw

「母親」ってああいう我儘なものなんだよって皮肉の為に「ぶん投げた」のかもなあと色々考えたんですが、やっぱり納得いかないっすw
ギャグだとしたら一級品ですけどねw
まあ、人間の時の記憶はもうなくなってて、ただの念の塊だった、母親が誰もが持ってる執念の象徴と見ればわからなくもないですが、だったら子供連れて昇天するのも変なんですよね…最後に出るメッセージと真逆で、母親を馬鹿にしてない?って感じるんですなあ

プロフィール

HN:
倉林
性別:
男性
趣味:
映画・漫画・ゲーム
自己紹介:
リンクフリーにつき勝手にやっておくんなまし
その際、ご一報いただけるとありがたいですます
記事および画像は無断転載で一つよろしく
暴論かつ盲目的感想につきツッコミには全力で謝る準備あり

拍手コメントに文字で返信することができませんので
定期的、もしくは合計3件いただきましたら、漫画にまとめて返信いたしたいと思います。
まとめるのは勘弁…というかたは、御一筆、もしくはご連絡くださいませ

漫画関係におきましては
こちらでも情報をぶち蒔いております。
初心者ゆえのつたない投稿でございますが
生暖かい目で見てやってください。
https://www.facebook.com/StudioKurabayashi

カテゴリー

リンク

素晴らしき映画サイトや絵師サイトの数々… 50音順にてご紹介! リンク許可を下さってまことに感謝! みんなこんなブログを読んでないで、リンクで飛んで ちゃんとした世界に羽ばたくんだ!

でも、お暇なら後で帰ってきてね(涙

メールボックス

何かありましたら、こちらでご連絡を

忍者カウンター

2014/05/12~ *PCからのアクセスのみカウントできるらしいので 実質大体倍くらいっす

P R

フリーエリア